プラスの財産があっても、相続放棄した方がいい場合もある

プラスの財産があったとしても、色々な理由で相続放棄の選択をされる方もいます。

相続人は、相続することを知った時から3ヶ月以内に、
相続するか、相続放棄するかを選択する必要があります。
“プラスの財産があっても、相続放棄した方がいい場合もある”の詳細は »

戸籍謄本はどのように取り寄せるのでしょうか

戸籍を取り寄せるのは難しくはないのですが、相続の場合専門家に任せるとスムーズにいきます

先に父親が亡くなっていて、その後で祖父が亡くなったという場合戸籍謄本を取り寄せるにはどのようにしたら良いのでしょうか?という質問がありました。この場合どのように戸籍謄本を取り寄せるのでしょうか?


“戸籍謄本はどのように取り寄せるのでしょうか”の詳細は »

相続の放棄を確実にするには

自分が相続人となったことを知ったときから、3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申請をしなければなりませんよ

相続放棄は、家庭裁判所の許可が必要です。相続を放棄するためには、
相続の開始(被相続人が亡くなったとき)か、自分が相続人となったことを知ったときから、3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申請をしなければなりません。相続人が未成年者や被後見人の場合は、法定代理人(特別代理人)や後見人が相続が起きたことを知ってから3ヶ月以内に、代理人や後見人が相続放棄を申請します。
“相続の放棄を確実にするには”の詳細は »

負担付で相続や遺贈をする、させるという制度がある

被相続人が死んでしまうことで、他に身寄りのない幼い子供が路頭に迷ってしまうような場合に有効

負贈与する代わりの代償として、受贈者に何かしらの義務を負担してもらおうという契約をいいます。「これをあげるから、かわりにこれをやって」というものです。
“負担付で相続や遺贈をする、させるという制度がある”の詳細は »

贈与税の延納を受けるための要件

贈与された財産が土地や借地権などである場合及び家屋や構築物などである場合のこと。

延納を受けるには、次の三つのすべてに当てはまることが必要です。申告による納付税額が10万円を超えていること金銭で一度に納めることが難しい理由があること担保を提供すること ただし、延納税額が50万円未満で延納期間が3年以下の場合、担保は必要ありません。

★贈与税延納の手続き延納するための手続・・・・・・その1:延納しようとする贈与税の納期限又は納付すべき日(延納申請期限)までに、延納申請書に担保提供関係書類を添付。
“贈与税の延納を受けるための要件”の詳細は »